メインイメージ

外国人の会社設立

外国人が会社設立をするときに必要な事とは

外国人でも日本国内で会社設立をして代表取締役になることができるのかどうかというと、これについては日本人の場合とほとんど違いはありません。日本人でなければ会社設立ができないというルールはありませんから、特に問題はないでしょう。問題となるとすれば、印鑑証明です。
現在住んでいる地域の役所に行けば印鑑登録をすることができますから、まずこれが必要となります。

日本に住んでいない場合には、印鑑証明をとる事ができません。そもそも印鑑証明書というものが存在しませんから、何とかして証明書を発行してもらう事は必要です。

印鑑という文化そのものがありませんから、サインが基本となります。サインがその人のものなのかどうかを証明するための書類が必要となるのです。

このように、いくつかの書類が必要となりますが、これらの書類さえそろえることができるのであれば、問題なく手続きを行うことができるでしょう。

外国人が会社設立をするときには、このような手続きの面よりも在留ビザの更新や変更などです。こちらの方が大変だと考えておきましょう。会社設立をするときには、ビザのことも考えておかなければならず、もしもビザが認められなければ日本で経営を行う事ができなくなる可能性があるのです。

すでに日本の企業で働いているのであれば就労ビザの交付を受けているはずです。技術や人文知識・国際業務、企業内転勤などといった形で就労ビザが発行されているはずですし、留学生の場合には留学用のビザが発行されているはずです。

これらの種類のビザでは、経営者になる事はできないと考えておきましょう。実際に経営を行うためには「投資・経営」という種類のビザを取得しなければなりません。これから会社設立をしようと思っている人なら、まだこの種類のビザは持っていないでしょう。ですから、ビザを変更しなければ会社経営をすることはできません。

ですから、何とかして投資/経営のビザを手に入れなければならないのですが、この基準は明確に定義されているわけではありません。ですから、取得できるのかどうかが問題となってきます。ビザの変更は会社設立後に行うことになりますが、会社に対する条件についても問われます。

ですから、会社設立をする前に、その要件を把握しておくことは必要です。例えば、500万円以上出資しているなどの条件が必要となりますから、会社設立をする時点での出資金額について調整しておかなければならないのです。

Copyright© 2017 会社設立で資金集めは常にあります、、、失敗しない資金調達All Rights Reserved.