メインイメージ

厚生年金への加入

会社設立による厚生年金への加入

会社設立には様々な手続きが必要です。特にかつての有限会社に相当する合同会社や株式会社の設立については、定款の作成とその定款を法人登記として法務局に届け出て認められないといけません。

他にも社会保険関係の手続きを行う必要があります。年金事務所などでその手続きを行う必要がありますので、事前に電話などでどのようなものを持参すればよいのかなどを確認しておくことが必要です。

この会社設立により加入する社会保険には厚生年金に加入することも含まれます。このため、会社設立によってこうした社会保険への加入を行った時には支出がかなり重い負担になりがちです。

それでも厚生年金への加入は従業員などにとっては働く上でのモチベーションの維持や向上につながりますから、しっかりと行うべきです。

会社設立に伴うこうした負担は会社側と従業員個人とで折半して支払うものがたくさんあります。厚生年金もその一つです。無論、事前に年金事務所に届け出てその承認を受けてからになりますので、手続きをしっかりと行う必要がありますが他の企業などでは加入をしていないところもたくさんあります。

だからといって自分たちもそれに倣って手続きをしなくてもよいということにはなりません。むしろ従業員のモチベーション維持のためにもしっかりと加入して、厚生年金をはじめとして社会保険に加入することで従業員の負担を軽減してあげるのも会社設立者の責任であると言えます。なお従業員だけでなく事業主である会社設立者も被保険者となることができますので、デメリットばかりではありません。

提出する書類については、年金事務所などで担当窓口に確認して提出する方がよいのですが、時間的にそうしたことが厳しい場合には社会保険労務士に依頼する方法もあります。ただし、依頼料などが別途かかりますし、毎回依頼するのでも構いませんができれば代表者として一定の知識は持っておく必要があると考えられるので、最初の手続きについては自分で行ってみることも大切なことです。

社会保険労務士がすぐに見つかればよいのですが、なかなか見つからない場合も地域によってはありますから、自分でも一定の知識を持って行動することも大切なことです。

必要な書類などは年金機構のホームページからダウンロードもできますが、一度は年金事務所に足を運んでその説明をしっかりと聞いた方が後々役に立つことも多くあるでしょう。ネットでは分からない細かな部分も説明してくれます。

Copyright© 2017 会社設立で資金集めは常にあります、、、失敗しない資金調達All Rights Reserved.